スポンサード リンク

竹財輝之助

竹財輝之助さんの大悟、ドラマ砂時計のあらすじ55話後半での名場面

竹財輝之助&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、竹財輝之助さんが演じた大悟の大人時代に焦点を合わせ、竹財輝之助さんのシーンをピックアップして紹介してます。


大悟に椎香から電話がかかってきます、「もしもし」と出る大悟に慌てた様子で「大悟君」と椎香が言いますが、普通に「椎香か」と返事をする大悟。
椎香は「杏ちゃん来なかったかって聞いてるの!」と慌てていますが「来た」「昼間来て、さっき空港まで送ってきた」と普通に答える大悟。
「杏ちゃん何か言ってなかった?」という椎香に「いや、なんも」と答える大悟に「杏ちゃんね、杏ちゃん、結婚無しになったの」と椎香が教えます。
「えっ?」と大悟「佐倉さんと別れたんだ」と言う言葉を聞き、今日の【「私は佐倉さんと…」「大悟と二人で食事…」「もしかして、これが最後になるかも」】と言う杏の言葉が蘇ってくる大悟。
「あいつ」【「さよなら」】といった杏の言葉が蘇ってくる大悟。
「さよならって…」「あいつ…」と大悟。
そして、それを聞いて電話を下ろす椎香…。
「大悟、どうしたの?」と聞くあかね。
大悟の様子に「大悟、電話だれ?」とあかねが聞きますが、大悟は「杏が、杏が」としか答えません。
「杏が、杏がさよならって…俺が行かんといけん…探さんといけん」と自分を見失っています。
「しっかりしてよ!」とあかねが言いますが、杏を探しに行こうとする大悟。
「行かないで!」とあかね、しかし「だけど、杏が、杏が」と言う大悟。
「大悟、水瀬さんのこと忘れるって行ったよね!」「あれ、嘘だったの!ねぇ、全部嘘だったの!」「私、大悟のこと行かせない」と言いドアの前に車椅子で行き通さないようにするあかね。
「絶対行かせないから!」


竹財輝之助さん演じる大悟の、杏が居なくなったと聞いてからのうろたえぶりは、竹財輝之助さんなかなかでした。
竹財輝之助さんの「来た」と言った時との表情の違いなんですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。