スポンサード リンク

竹財輝之助

竹財輝之助さんの大悟、ドラマ砂時計のあらすじ54話での名場面

竹財輝之助&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、竹財輝之助さんが演じた大悟の大人時代に焦点を合わせ、竹財輝之助さんのシーンをピックアップして紹介してます。


小学校の廊下をなぜか走っている大悟。
「北村先生!先生が廊下を走ってどうするんですか」と怒られ、授業が始ると言われますが、大悟は「しょうたが来てないんです」と言い心配な事があるんで「俺ちょっと探してきます」と大悟は走っていきます。

大悟の小学校の前まで来た杏、その杏に「おねえちゃん、なにしとる」と声をかける子供がいます、そうしょうたです。

「大悟とどういう関係、もうすぐ結婚する人」とはっきり聞くしょうたに杏は大悟の幼なじみと答えます。
「大悟は俺の担任」と言うしょうたに今度は杏がどうしたのか聞きます。
「俺にとって自転車買ってもらえるかどうかは大問題だけん」「けど大悟なら分かるかもしれん」と言うしょうたの言葉を聞いた杏は「わかった、おいで…いいから。」「大悟に見つけて欲しかったんでしょ?大丈夫、大悟なら絶対に分かってくれる、安心して話してごらん」と杏はしょうたに言い、送ります。

しょうたを見つける大悟「しょうた!おまえ何やっちょる」とやって来て大悟は「自転車じゃないだろ、お父さんもお母さんも妹が生まれたばっかで手がかかるけん」「お前の事忘れたわけじゃないけん」「お父さん達には俺が電話しちゃるけん、心配するな」と優しく諭します。
「なんであのお姉ちゃん分かったんかな?」と言うしょうたに「お姉ちゃん?」と聞く大悟。
「大悟の幼なじみだって言ってた」と聞き杏だと気が付いた大悟。

「杏!」と杏を見つけ大声で呼び、杏の所へ走ってくる大悟!!!!
嬉しそうな大悟の笑顔、大悟を見つめる杏。


竹財輝之助さん演じる大悟が凄くいい小学校の先生になっている事が分かる場面でしたよね。
大悟というか竹財輝之助さんの杏の所に走ってくる時の笑顔が良かったですよね、竹財輝之助さんならではですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。